報恩講の内陣荘厳の例


場所 内 容  備 考
中尊前  上卓に打敷を掛け、華束を備える。 杉盛華束1対
当寺は須弥壇上が宮殿ではなく羅網の天蓋なので、杉盛華束を上卓に備える。
宮殿の場合は須弥盛の華束にする。
前卓に水引と打敷を掛け、五具足にする。 報恩講用の鶴亀と花瓶を飾る。(花瓶は耳付きの物を使用している。)  
平常に使用していた鶴亀と花瓶は、御絵伝の間で使用する。
輪灯に瓔珞を吊る。
礼盤一式を飾る。 登高座を行わない報恩講の時は飾らないでいる。
祖師前     卓に打敷を掛ける。 御仏供は報恩講用の大きな仏器を用いる。
杉盛華束を備える。 中尊に合わせている。
七角香盤と月形仏器台を用いる。 平常に使用していた夷型香盤は、御代前で使用する。平常の仏器台は徹する。
天竜寺型香炉を用いる。 平常に使用していた香炉は、御絵伝の間で使用する。
輪灯に瓔珞を吊る。
御代前 夷型香盤を用いる。 平常は香盤を用いない。
南余間    御絵伝を掛ける。 御絵伝は4幅あるが、1幅しか掛けられない。
太子・七高僧の掛け軸は撤するか北余間(法名前)に移すのが正式だが、当寺は法名前に余裕がないことと、御代前の側面に1幅ずつ掛けることができるので、御代前に移している。
御伝鈔の卓 御絵伝の壇上に飾り置くスペースがないので、壇の前に飾り置きしている。
拝読後は撤する。
四方卓を撤し、三具足にする。 鶴亀と花瓶は前卓のものを使用。
土香炉は祖師前のものを使用。
金香炉は報恩講用のものを使用。
香盤を飾る。 香盤は仏器台として用いる。
仏器は、報恩講用のものを使用。
梨地の御文箱を用いる。 平常の御文箱は撤する。
北余間 平常通り
和讃卓 調声人と巡讃する席に置く。





大谷派の儀式の目次へ 戻 る